FC2ブログ

アイドル図鑑・お宝画像

ジャニーズやアイドル、芸能人のプリクラや卒業アルバム、ネットで話題の芸能ネタ・画像を更新します!
カテゴリー  [赤西仁 ]

赤西仁、アルバム首位に!12月28発売の新曲PVの動画も公開!

先月“JIN AKANISHI”名義で全米デビューミニアルバム『TEST DRIVE featuring JASON DERULO』を発売した赤西仁だが、その日本盤が12月7日にリリースされ、12/19付ビルボードジャパンアルバムチャートで初登場首位に輝いた→ ranking

(以下引用)
また同タイトルの楽曲が、今週エアプレイチャート5位、JAPAN HOT100でもエアプレイポイントのみで16位まで上昇しており、国内での確立した人気に加え、先月米iTunesダンスチャートで1位となった→ ranking
ソロとしては“赤西仁”で、今年3月にリリースしたシングル「Eternal」でJAPAN HOT100首位に続いての快挙となる。12月28日には2ndシングル「Seasons」がリリースとなるが、こちらも続いて1位になるか?“赤西仁”そして“JIN AKANISHI”ともに今後の動向が楽しみだ→ ranking
(引用 barks)
赤西、12月28日の2ndシングルの動画
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
オリコン週刊ランキングも1位に。
“ジャパン”ではなく肝心の本家ビルボードにはどこにも見あたらないが…。
日本で活躍して日本のファンを大切にしたほうがいい気もするが、
しばらくはアメリカを拠点とするようだ。
ジャニーズからいつまで面倒を見てもらえるかも気になるところだ。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁、裏技DLで1位!日本にいるファンが必死のDL

元「KAT-TUN」の赤西仁(27)がJIN AKANISHI名義で8日にリリースした全米デビューシングル「TEST DRIVE featuring JASON DERULO」を収録したEP(ミニアルバム)が米iTunes ダンスアルバムチャートで1位を獲得した→芸能画像
この朗報には赤西自身の努力もさることながら、日本にいる赤西ファンの涙ぐましい応援の成果だという。いったいどんな裏技を使ったのか→ ranking

(以下引用)
日本のメディアに「快挙!」と報じられたダンスチャート1位だが、ある洋楽関係者によると「快挙といえば快挙でしょうが、iTunesは総合チャートと各部門のチャートとの得点差が大きい。売り出しの時に『ウチはこのジャンルでお願いします』とわざと得点の低いところを狙って上位を獲りに行く戦略もある→ ranking
2、3位にどんなアーティストが入っているのかをみれば、おのずとそのチャートの価値は分かるはずですよ」。ちなみにこのダンスチャートの3、4位のアルバムは昨年発売されたもの。「オリコンの演歌チャートとまでは言わないけど、まあ、推して知るべしでしょう」(同洋楽関係者)
とはいえ、やはり1位は1位。赤西の人気の高さを証明するものとなったはずだ。
別の業界関係者は「今回の赤西の曲は日本にいたらダウンロードはできないんです。だから、ジャニーズも『米国iTunes Storeのご利用には、USアカウントが必要です。ぜひ、米国のお友達に教えてあげてくださいね!』と赤西ファンに告知して呼びかけていたんです」と明かす→ ranking
これに日本の赤西ファンが敏感に反応し、実際に米国在中邦人に呼びかけて、そのダウンロード数だけで1位を記録したのであれば、それこそ「快挙!」であろう。ただ、ここには裏ワザが存在していたという。
日本にいながらダウンロードができる方法があるんです。iTunesのUSアカウントを獲得するためにはアメリカの実在する住所ならどこでもいいんです。病院だったり大学だったり…。公園の住所でアカウントを取得した人もいたようです→ ranking
その方法が赤西ファンの間でネットに出回り、一時、ツイッターでも『やり方がわからない』とか『できた!』とか大騒ぎだった。日本にいるファンが必死になってダウンロードしたんですよ」と前出の別の業界関係者→ ranking
アメリカではデビューイベントを開催した赤西だが、そこに来場したファン以外にも、陰ながら日本で必死に応援していたファンがいたからこその快挙だったのだ。今の段階では全米デビュー大成功と呼べるような成果ではないだろうが、こうした必死になって支えてくるファンがいる限り、赤西が終わることはないはずだ。
(引用 東スポ)
その1位となった赤西の曲はこちら
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
こんな日本のファンの努力によって支えられている赤西。
12月には日本でもリリースするようだが、それに合わせて帰ってくる!?
ファンのためにも、日本に帰ってきたからといって、また彼女とイチャイチャ、クラブで遊ぶ毎日などにならないように…。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁のお腹がぶよぶよに!アメリカで激太りの裸画像

全米デビューシングル「TEST DRIVE featuring JASON DERULO」が、11月8日に配信リリースされることが決定した赤西仁
日本でも12月7日にCDリリースされるなど、順調な活動をみせている→芸能画像
そんな彼の裸写真が流出し、「太った」「お腹ヤバイ」などと話題になっている。
その画像はこちら→ ranking

見事に激太り中の赤西
【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou reading
これは酷い。ジャニーズは基本、裸になる写真もあるため鍛えている印象が強いが、たるたる。
KAT-TUN時代の引き締まったからだの面影はない。
昔の写真はこちら
赤西仁、ananでヌードになった頃
【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou reading
【画像】→ geinou ranking
胸にはタトゥーのようなものもあるが、シール?
現在もアメリカを拠点に活動しているし、さらに太りそうである…。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁がゲッソリ?「老けた」「おっさんになってる」最新画像が流出

元KAT-TUNのメンバーで、現在アメリカにいる赤西仁→芸能画像
彼の最近の画像が流出し、ファンの間で話題となっている
その画像はこちら→ ranking

【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou reading
ネットでは、「何でそのメガネなの…」「男らしい雰囲気になってる
おっさんになっただけ」「髭は辞めて欲しい」「痩せた?」
などの反応が。
映画や新曲など表情を見ると、KAT-TUN時代より、のびのびと仕事をしているようだ。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁がツイッターでBoAのすっぴん写真を公開!ツイッターでいちゃつくな!とファンの声

元KAT-TUNのメンバーであるジャニーズの赤西仁→芸能画像
現在は海外を中心に活動中で、先日帰国したときはバックダンサーだった金髪の彼女を連れて久々の日本を満喫していた。
そんな赤西が、自身のツイッターで歌手のBoAすっぴん写真を掲載し話題となっている→ ranking

【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou reading
赤西がみんなで飲んでいると、BoAのすっぴん写真を掲載。
そのツイートに、BoAがその写真嫌いと絡み、その後、赤西はBoAの写真を削除ranking
ネットでは、赤西の謎の行動が話題になり、さらにBoAのすっぴんに注目が。
二重の幅が昔に比べてかなり広がっていることから「やっぱ整形してるね」などの声があがっていた→ ranking
ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁、NG連発で大恥!ハリウッドデビュー作品が大幅カットも

元KAT-TUNの赤西仁(27)が、米人気俳優キアヌ・リーブス主演映画「47RONIN」(来年12月公開予定)でハリウッド進出を果たしたが、NG連発で演技力に疑間符が付けられているという→芸能画像
大幅カットもあり得るという話も浮上してきた→ ranking

(以下引用)
あまりの出来の悪さに「最終的にはエキストラ的な扱いに格下げされるのでは」との声も出ているほどだ→ ranking
「撮影はすでに始まっているんですが、向こうのスタッフから『ジャニーズの奴はNG連発で全然撮影が進まない』と酷評されているんです。セリフどうこうよりも、演技そのものがイマイチよいう評価だそうです→ ranking」(ある映画関係者)
今回の出演はオーディションで勝ち取ったもので、いわゆる「コネなし」。では“演技”ができないのに、なぜオーディションを通ったのか。前出の映画関係者によると「外見はカッコいいし、日本で大人気のタレント。英語が話せるし、アメリカで歌手デビューしようとしている。肩書きからすれば十分。キアヌも自分とキャラがかぶらなければ問題ないと判断したようです」とのこと→ ranking要するにコネではないものの、日本での話題性や集客力を期待しての“客寄せパンダ枠”だったのだ→ ranking
だが撮影が始まると、周囲の期待を大きく裏切った。
「さすがにNG連発ですからね。『主演映画まであるのに、どうなっているんだ』と困惑するスタッフまでいるとか。このままでは、出演シーンが大幅にカットされるかもしれませんハリウッドでは『この演技では作品の質を落とす』と判断されれば、準主役でも編集段階で大幅にカットされますからね。赤西は重要な役ですが、端役程度の扱いで終わる可能性もあります」(同映画関係者)
(引用 東スポ)
撮影現場での赤西の画像
【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou reading
【画像】→ geinou ranking
順調に撮影は進んでいるのかと思いきや、NG連発とは。
ちょっと英語がしゃべれるくらいでは、ハリウッドは厳しいだろう。
カットされてこの映画だけで終わらなければいいのだが…。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁、ツイッターで「JINGLISH」、ネイティブ英語を続々ツイート!

全米デビユー曲の発売を今秋に控えている赤西仁(26)のツイッターが話題になっている→ ranking

(以下引用)
「インタビューとかでは、仁は自分のことをあまりアピールするタイプじゃないからどんなことをつぶやいているのか、すごく気になります→ ranking
ファンは興味津々で、いまや10万4000人以上のフォロアーがいる。多い日には20以上も対ートしていて、かなり鈍舌だがそのつぶやきは全部英語
「何ていっているのか知りたいから辞書片手にチェックしてるけど、意味分からないことが結構あって・・・」たとえばこんなつぶやきが→ ranking
「u guys r smart」普通だったら「You guys are smart(きみたち頭いいね!」となるところだが、ほかにも「know(知る)」を「kno」と綴っていたり、「Your」を「ur」「because」を「cuz」主語の「I」がないものもある。た「LaughingOutLoud(大声で笑う)」の略語である「IOI」を文末につけて、「(笑い)」を意味するものもあって、ここまでくると、もうわからない・・・!→ ranking
ファンは「JINの英語」ということで「JINGLISH」とも呼ばれている赤西のこれらのつぶやき。実は、ネイティブの英語圏では実際に使われているものだという。
「英語を母語とする人たちはチャットやプログ、メールなどではあえて、こういった略語やスラングを使って親しみを込めることがよくあるんですよ」(在米ジャーナリスト)
来年12月公開の『47RONIN』ではキアヌ・リーブス(46才)とも共演し、ハリウッド映画デビユーする赤西。その語学力にますます磨きをかけているようだ。彼のつぶやきをフォローしていれば、いまどきの英語が身についちゃう→ ranking
(引用 女性セブン)
赤西のツイッターはこちら
【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou reading
【画像】→ geinou ranking
和訳したツイッターが登場
【画像】→ geinou ranking
【画像】→ geinou reading

なんと今時の言葉を使いこなしているという赤西。
以前はしゃべることもままならなかったのに、すっかり英語がペラペラに。
これも金髪彼女のおかげ!? ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁「日本語が出てこない」「ビューが違う」など得意の英語能語録

キアヌリーブス主演映画「47RONIN」に出演することが発表された赤西仁(26)→芸能画像
得意の英語でオーディションを勝ち取った?らしいが、そんな彼は女性誌のインタビューで
日本語が出てこない」なんてことを語っていたとか→ ranking

(以下引用)
赤西は「ハリウッドで行われたオーディションに一人で乗り込み、得意の英語を生かして、見事役を勝ち取ったそうです→ ranking」(芸能関係者)
日本のメディアとのインタビューでは言葉数が少ないのに、外国人スタッフと英語で話すときは途端に饒舌に。友人も「すごくインターナショナル」と認める。
09年9月には、BENI(25)に英会話レッスンをしてもらっているシーンもキャッチした。
そして女性誌でのインタビュでは「おれさ、日本語が出てこないんだよね。頭にあるんだけど、言葉にならない」とも明かしている→ ranking
まず英語が出てくるものの、それを日本語でいうとどういう言葉になるかわからないときが多いというのだ。
確かにそのころから、インタビューでは、英単語が頻出していた。
「周りの人間にカテゴライズされたくない」「仕事よりプライベートがファーストプライオリティー」「みなさんとはビューが違う」などなど→ ranking
そして冒頭のハリウッド進出への意気込みはこう続いた。
「音楽も演技も世界でボーダレスに活躍できるように、自分のスタンスを崩さずに突き進んでいきたいと思っています」
(引用「女性セブン」より)
相変わらず、金髪恋人のLizzyとツイッターでも公開やり取りの様子
赤西仁ツイッター【和訳】→ geinou ranking
赤西仁ツイッター【和訳】→ geinou reading
赤西仁ツイッター【和訳】→ geinou ranking
「ビューが違う」って。英語まじりの日本語を使っているが、ルー大柴みたいなんだが・・・。
だが、昔はほぼしゃべれなかったことを考えると、かなり上達した。
彼なりのスタンスでこれからも頑張る!? ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

「不愉快です」赤西仁がツイッターで日本のファンに警告!も、自分は私的活用

3月下旬のスタート以来、注目を集めている赤西仁のツイッター「〜Jin Akanishi official twitter USA〜」→芸能画像
フォロワー数を順調に伸ばし6万を超えたことが話題になったが、赤西が突然一部のファンに向けて「不愉快です」と発言。
「ツイッターをやめさせていただきます」との言葉も飛び出し、一体何があったのか→ ranking

(以下引用)
"問題のつぶやき"は4月11日夕方(日本時間)のこと。
「followers no nakani bokuno tomodachino twitter ni totemo huyukaina naiyouwo kaiteruhitogaimasu.moushiwakearimasenga yameteitadekemasuka?」(フォロワーの中にボクの友だちのツイッターにとても不愉快な内容を書いてる人がいます。申し訳ありませんがやめていただけますか?)
「moshi tsuzukuyounara twitter yamesaseteitadakimasu.huyukaidesu.」(もし続くようならツイッターやめさせていただきます。不愉快です→ ranking
日本のファンを意識したと思われる"ローマ字"で突如つづられた、これらの文章。言い回しは丁寧だが「不愉快」という単語が2回も出てくるところに赤西の怒りが感じ取れる。しかし、この発言は2時間後に削除され、午後11時(日本時間)には
「dont worry ppl i wont quit. just ignore them:) 」(やめないから、みんな心配しないで。無視すればいいんだから)
と改めて宣言。だったら初めから書かなきゃ良かったのに...とも思ってしまうが、誰かに何か言われたのか、その数時間で赤西の心境に何らかの変化があったようだ→ ranking
「赤西がフォローする"友人"の中には、BENIBoA、Crystal Kay、仁クルー(ツアーに同行したダンサー集団)のLizzyやAubreeなど、赤西との熱愛をウワサされてきた女性たちも含まれています。彼女たちとの仲の良いやりとりに嫉妬した一部のファンが彼女たちのツイッターに批判的なことを書き込んだのが、今回の騒動の原因だったようですね。特に先日赤西との"お泊まり愛"をスクープされ、現在も交際中とされているLizzyには風当たりが強いようで...彼女をかばっての発言だったのかもしれません」(ジャニーズに詳しい記者)
ちなみに、前日である4月10日には酔っぱらっていたためかご機嫌で
「sex or kiss??」(セックスとキス、どっちが好き?
「yea both of them r Oowah for me〜」(オレはどっちもOowah※だよ〜。) (※赤西の曲のタイトルにもなっている単語。気持ちいい時に出てしまう声を表現したもの?)
とつぶやいたかと思えば、
「i miss yellow gold tour so bad!!!!」(yellow gold tourがマジで恋しい!!!!
「i love jin crew〜」(仁クルー愛してるよ〜
「i kinda miss u aubree〜」(なんか会いたいな。aubree〜※女性ダンサーの名)
思わせぶりな発言を連発するなど、かなり自由に振る舞ってきた赤西→ ranking
「Jr.時代、自宅まで付きまとわれたり、交際していた女性がファンから攻撃されるなど、熱狂的ファンの怖さを知っている赤西ならば、当然ファンがどう動くかは想定できたはず...軽はずみとしか言いようがないですよね。それにオフィシャルと銘打つ限り、ファンの感情を無視して、プライベートなやりとりを垂れ流すのは考えものだという気もします→ ranking」(同記者)
(引用 サイゾー)
赤西のツイッターをわかりやすく見れる和訳ツイッター
赤西仁の和訳ツイッターも登場→ geinou ranking
赤西仁の和訳ツイッターも登場→ geinou reading
赤西仁の和訳ツイッターも登場→ geinou ranking

アメリカでのプロモーションの一環として始めたと言いつつも、プライベートで使っているように見えるが…。
ファンに怒る前にプロモーションツールとして活用するには、まずはプライベートと仕事を線引きすることが必要な気が。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

伊東美咲、夫がキャバクラ三昧で帰らず!女優復帰で離婚か

09年11月、大手パチンコ「京楽」のE社長と結婚した女優・伊東美咲(33)→芸能画像
翌年6月には第1子も出産し、今や誰もがうらやむ「セレブママ」生活を送っているのかと思いきや、どうやら様子が違うという。
なんと、旦那がキャバクラ三昧で家に帰ってこないという→ ranking

(以下引用)
「2人は伊東のタレント仲間の結婚式で知り合い、交際に発展。伊東は東京、E氏は名古屋が拠点のため、遠距離恋愛ではあったが実を結び、伊東の故郷・福島県内で入籍した。その数日後にはハワイで挙式し、結婚後は一線から身を引いていたため、『芸能界への復帰はない』と言われていたが、最近、伊東はいろんな面で後悔しているようだ→ ranking」(スポーツ紙記者)
実は、伊東は結婚後、夫の“ライフスタイル”に驚愕したという。
「本業が忙しいのに加え、地方や海外の出張が多く、ほとんど家に寄りつかない。以前から親交が深い神田うのの夫で大手パチンコホールグループのN社長とともに海外にバカンスに出かけることも多い。おまけに、都内にいても独身時代からの“夜遊びグセ”はそのままで、帰宅は深夜になることがほとんど→ ranking
夫のド派手な遊びっぷりは東京から遠く離れた沖縄でも目撃されている。
「E氏の会社は昨年3月に開催された吉本興業主催の『沖縄国際映画祭』を、メインスポンサーとしてバックアップした。沖縄入りしたE氏は夜な夜な現地の繁華街のキャバクラに入り浸り、1時間4000円の店にもかかわらず、1晩で200万円使ったとも言われました。当時は伊東が妊娠6ヶ月であることが発表された直後。現地では『もうすぐパパになるのにあれでは奥さんがかわいそう』と、あきれられていた→ ranking」(現地の飲食店関係者)
そんな夫に「頼っていられない」とばかりに、伊東は子育てをしながら女優復帰を目指しているようだが…。
「E氏の父親は古風な人で『妻は家庭を守るべき』と復帰を許さない雰囲気。一方、所属事務所はCMオファーが多い伊東を重宝しており、1日も早い復帰を望んでいる。復帰の場合、離婚という選択肢がチラつく→ ranking」(女性誌記者)
(引用 アサヒ芸能)
伊東美咲の濡れ場【画像】→ geinou ranking
伊東美咲の濡れ場【画像】→ geinou reading
伊東美咲の濡れ場【画像】→ geinou ranking
玉の輿婚かと思いきや、私生活は思ったり大変なよう。
旦那の夜遊び好きは、結婚前からかなり噂だった。簡単には治らなさそう…。
事務所は伊東を歓迎しているようだが、結婚、出産を経た彼女はママ路線で行くのだろうか。
女優はイマイチだが、CMは契約取れるならいいのでは。
ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁の歌唱力が酷いと話題「Mステ」出演動画

3月2日にアルバムが発売となった元KAT-TUNの赤西仁→芸能画像
2月18日放送の「ミュージックステーション」では、生歌を披露したのだが、それが酷いと話題になっている→ ranking


赤西仁の歌唱力が酷い【動画】→ geinou ranking
赤西仁の歌唱力が酷い【動画】→ geinou reading
赤西仁の歌唱力が酷い【動画】→ geinou ranking
ネットでは、
「ミュージックステーションの赤西くんEternalなど歌いましたが声小さすぎですよね?どうしたんですか?」
「バラードの曲になったとたん、”声小っちゃ!”ってなりました(笑)上手い!って言えるほど上手くなかったですし・・・」
「衝撃を受けるくらいにマズイ、あの歌声は...何しろ、顔はひきつって暗いし、声はまったく出ていなくてささやいてるの?ってカンジだし」
と批判の声が殺到。一方で、
「風邪をひいていたんですよ。それととても緊張していましたし。」
「口パクよりはマシでしょ。確かに最近前より歌下手になったし、凄い緊張してたからかボロボロだったけど」
と、フォローするファンも→ ranking
コメントは次々と書き込まれ、良くも悪くも注目が集まっていた。
夜遊びばかりがクローズアップされる彼だが、しっかり歌唱力を磨かないと全米では通用しないのでは…→ ranking ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

いいともでまた捏造!?ピザの人気ランキングはプルコギが1位に

2月28日放送の「笑っていいとも」で、「情報操作疑惑」があったとネットで話題になっている→ ranking


「いいとも」で捏造!プルコギが1位に【画像】→ geinou ranking
「いいとも」で捏造!プルコギが1位に【画像】→ geinou reading
「いいとも」で捏造!プルコギが1位に【画像】→ geinou ranking

2010年02月16日 「お試しか!」(テレ朝)で放送されたピザハットのテイクアウトのベストテンを見てみると、
第1位 チーズハーモニー(¥2,400)  
第2位 ゴージャス4            
第3位 ファミリー4             
第4位 パクチキ5P(チキン)      
第5位 特うまプルコギ          
第6位 デラックス
第7位 カマンベール
第8位 ガーリックトマト
第9位 パクチキコンボ(チキンとポテトのバスケット)
第10位 焼きたてポテト(フライドポテト)

なんとこのランキングの1位?4位が省かれ、プルコギが実質上の1位に。
なぜ1位?4位を外したのかはわからない→ ranking
ただ、いいともでは、先週も好きな鍋ランキングでも全世代の1位で「キムチ鍋」とし、批判された。
ネットでは「ワロタこれはねーよwww」
「キムチ鍋はわからなくもないがプルコギピザはねえわさすがにないわ、どこの韓国放送だよ」
「ネタにしてほしくてわざとやってるようにしか見えない」などの反応が→ ranking
最近あからさま過ぎてやや引く…。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁、ツアーも公私混同!?大阪公演でも金髪美女と2人でホテルに

22日発売の「週刊女性」に金髪美女との「ホテル密会」を報じられてしまった赤西仁→芸能画像
お相手は赤西の凱旋ツアーに出演していた米国人バックダンサー。ぼんやりながらもペアルックのツーショット写真が掲載されており、クラブでの夜遊び後、彼女の宿泊先でもあるホテルで翌朝11時すぎまで過ごし、ホテルから近いカフェで遅めの朝食をとるふたりの様子が"誌上中継"されている。
2人の目撃情報や噂はこのときだけでなく、以前からあったという→ ranking

(以下引用)
写真が撮影されたのは、武道館公演の中日でもある2月12日。しかし、実はそれ以前からふたりの親密な関係はファンの間でもウワサされていた→ ranking
「彼女の名前はLIZZY(リジー)。米国人にしては小柄だけど巨乳でコケティッシュな感じの女の子です。
1月末に行なわれた大阪城ホール公演の間にも、同じようにクラブから出てきて、ふたりでホテルに姿を消す場面を目撃しました→ ranking
実際、ここ最近の仁はリジーにデレデレですよ。軍団メンバーと遊ぶ時も常に連れ歩いて、腰に手を回したり、手を繋いだりしてるし。こんなにオープンじゃ、いつ撮られてもおかしくないとは思ってました」(二十代の赤西ファン)
ライブ中も、赤西が彼女を抱き寄せたり、ヒソヒソと耳打ちをしたり、髪を撫でるなど、演出にしては過剰な"絡み"が話題になっていたふたり。どうやらいまは「公私ともに離れたくない」ほどのラブラブ状態のようだ→ ranking
「赤西は、アメリカで行われたダンサーのオーディションにも積極的に立ち会ったそうです。そのころから好みのタイプをチェックしていたのかもしれませんね(笑)。アメリカで暮らしていた頃『女性ダンサーのマンションに入り浸っている』という情報がありましたが、もしかしたらそのお相手も彼女だったのかも......」(女性週刊誌記者)
昨年の全米ツアーでは、無料チケットをバラまくなど結果を残せなかった赤西だが、こと恋愛に関しては世界共通の手腕を発揮していたよう。
(引用 サイゾーウーマン)
赤西仁、ツアーの様子!最後の金髪美女が彼女?【動画】→ geinou ranking
赤西仁、ツアーの様子!最後の金髪美女が彼女?【動画】→ geinou ranking
赤西仁、ツアーの様子!最後の金髪美女が彼女?【動画】→ geinou reading
かなりオープンな交際のようだ。
もうアイドルじゃないし、撮られても気にしないという気持ちからなのか。
ただ、こんなことではファンは離れていく一方な気が。
日本人女性じゃないからまだダメージは少なそうであるが…。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁、ライブ当日も朝までクラブ遊び!ファンを舐めた行動に呆れ声

1月14日のさいたまスーパーアリーナーを皮切りに、全米ツアー斡旋ライブをスタートさせた赤西仁→芸能画像
チケットが捌ききれず、オークションで数百円単位でやり取りされたり、会場前でチケットを投売りするファンが大量に出現するなど残念な事態に。それでもさいたま、大阪公演は無事に終了し、あとは2月の日本武道館、神戸公演を残すのみとなっている→ ranking
だが、コンサートを見たファンからは賛否両論の声が上がっている→ ranking
(以下引用)
「『一緒にステージを作ってくれたから』とチケット購入者の名をエンドロールに入れたり、トロッコに乗って満面の笑みでお手振りしたり。本当にA!?って思うくらいファンサービス満載のステージでしたね」(参加したファン)
ワーナーとの契約後、初の仕事でもあることから「結果を出したい」という気持ちはあったようだが、そこはやはりAのこと。なんともバランスの悪い気合の入れ方に批判の声も…。
「『アメリカでやったステージを日本のファンにも見せてあげたい』と語っていましたが、結局は準備がいらないようラクをしたようにしか思えない→ ranking
ツアー直前までバカンスで旅行に出かけ、初日当日も朝までクラブに入り浸っていましたからね→ ranking
赤西仁、最新クラブ遊び【画像】→ geinou ranking
赤西仁、最新クラブ遊び【画像】→ geinou reading
赤西仁、最新クラブ遊び【画像】→ geinou ranking
ショーの最後、声が枯れて出なくなってましたが、そんな生活を送っていれば当然のこと。それでアーティストを気取るなんて呆れちゃいますよ」(K時代からのファン)
3月2日にはシングルを発売、夏には英語曲のシングル、続けてアルバムを米国発売する予定だというが…。
「日本とは違い、アメリカの市場では数字がすべて。ワーナーとの契約は1年更新という話ですが、それまでに結果が残せるのかどうか→ ranking
あっさり切られてしまう可能性もありそうですが」(レコード会社関係者)
(引用 BUBKA)

仕事の当日も朝まで遊んでるって・・・。
それは、アメリカと同じステージを見せたいと思っていても手抜きととらえられてしまうだろう。
ワーナーの契約も結果を残せなければ1年で切られそうだ。
グループを抜けた今、必死で働かなければみるみる転落してしまいそうだが・・・。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁、AKNS商法!?ライブでは「もう操り人形はイヤだ」と発言に波紋

1月14日、さいたまスーパーアリーナで日本凱旋ライブツアーをスタートさせた元KAT-TUNの赤西仁→芸能画像
ライブでは、自身が作詞作曲した英語詞の楽曲17曲を含む全20曲に加え、全米ツアーと同様「1000年後のクラブ」をイメージしたダンス&パフォーマンスを披露した。
「感動した」と語るファンがいる一方で、なんとなくしっくり来ない想いを抱いたファンも多かったようで...→ ranking

ヤラセ発覚!赤西仁 ライブでスタッフの仕込みバレた【画像】→ geinou ranking
ヤラセ発覚!赤西仁 ライブでスタッフの仕込みバレた【画像】→ geinou reading
ヤラセ発覚!赤西仁 ライブでスタッフの仕込みバレた【画像】→ geinou ranking
(以下引用)
「約2時間のステージでMCは一切なく、アンコールもなし。本人的には『アイドルのコンサートじゃなくて、ひとつのショーだから』って気持ちがあったみたいなんですが、それでも多少なりとも仁本人の口から言葉が聞きたかった。気持ちがまったく伝わってこないというか、すごく遠く感じたステージでした→ ranking」(参加した赤西ファン)
アルバムもまだ発売になっていないためか、披露された英語曲を「ほとんど知らない」というファンも多く、ダンサーたちのハイテンションな煽りにもいまひとつノリきれない微妙な空気が流れていたという。さらに......
「ライブがスタートして、冒頭の映像で本人からのメッセージ的なものが流れるんです。文字が小さかったから正確には読み取れなかったけど、『俺は決断のもと、ここに立っている』『気がつけばいろんな事を教えこまれていた。話し方、生き方、靴紐の結び方さえも』『従わない方法もあったけれど、俺はそれを選ばなかった』『裏切り者への最後の言葉』『もう操り人形はイヤだ』とかそんな感じ。MCがなかったぶん、良くも悪くも、強く心に残ってます→ ranking」(同)
会場に集まったファンの多くが「固まってシーンとなった」「心がひんやりした」「あれ、ジャニーさんも許してるのかなって不安になった」という赤西からの言葉。強烈な事務所批判とも取れるうえ、複雑な想いを抱えてきたファンにとっては辛いメッセージだったようだが、彼にとってはどうしてもこの場で伝えておきたい"何か"があったのだろう。
さらに、3月2日にはかねてよりの持ち歌「Eternal/ムラサキ」でソロCDデビューも決定した赤西。DVD付き初回限定盤(1,500円)、ブックレット付き初回限定盤(1,200円) 、通常盤(1,000円) 、会場限定別ジャケットバージョン(1,000円)の4種売りに加え、今回の凱旋公演時に申し込めば、上記4種それぞれに会場ごとに異なるポストカードが付く。すなわちすべて揃えるには実質16枚のCDを購入しなければならない、という強引な手法が取られている。巨大掲示板上では"AKB商法"ならぬ"AKNS商法"などと揶揄もされているが、とにかく売る気だけは満々のよう→ ranking
(引用 サイゾー)

16枚購入って。。。まさにAKNS(赤西)商法だ。
全米ツアー赤字回収のためだろうか。
「もう操り人形はイヤだ」という赤西の言葉に、お金を出しているジャニー氏はどう思っているのだろうか…。
これまでとの身勝手な行動にファン離れも起きている赤西。
今後の行く道が気になる。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁、ゴキゲン会見!キャラ変わった?

全米ツアーを終えた元KAT-TUNの赤西仁(26)が9日、帰国した→芸能画像
そんな彼が会見を行った。以前はあんなにむすっとしていた彼が、終始にこやかに
その動画はこちら→ ranking

赤西仁、帰国!ゴキゲン会見【動画】→ ranking geinou ranking
赤西仁、帰国!ゴキゲン会見【動画】→ ranking geinou reading
赤西仁、帰国!ゴキゲン会見【動画】→ ranking geinou ranking

自分の好きなことをやれて晴れやかな顔をしているのだろうか。
KAT-TUNというアイドルは、やらされている感でいっぱいであり、ムスっとした態度をとっていたのかも。
ただ、アイドルの赤西のファンだった人も多いわけで…。
現在の彼でどれほどのお客を集められるかどうか、今後の動きに注目である→ ranking
ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁が全米デビュー!ワーナーと契約!来年春にシングルとアルバム

11月にアメリカツアーを敢行した赤西仁が凱旋帰国し、本日12月9日に都内で記者会見を開催→芸能画像
ワーナーミュージック・グループと契約し、2011年春に全米デビューすることを発表した→ ranking

赤西 酷い姿で帰国!超劣化【画像】→ ranking geinou ranking
赤西 酷い姿で帰国!超劣化【画像】→ ranking geinou reading
赤西 酷い姿で帰国!超劣化【画像】→ ranking geinou ranking

(以下引用)
赤西は11月7日のシカゴ公演を皮切りに、サンフランシスコ、ヒューストン、ロサンゼルス、ニューヨークと5公演にわたるツアー「Yellow Gold Tour 3010」を開催。合計1万5000人を動員し、本格的な全米デビューの足がかりとした。
このツアーの成功と、現在アメリカの音楽マーケットでアジア系アーティストに注目が集まっていることを受け、ワーナーミュージック・グループが赤西との契約に踏み切った→ ranking
この日の会見冒頭にはワーナーミュージック・ジャパンのラクラン・ラザフォードCEOが、赤西について
「日本のエンタテインメント業界の素晴らしいスターであるJIN AKANISHIが、ワーナーミュージック・グループに加わることを発表できるのをうれしく思います」とコメント。赤西とグローバル契約を結び、アメリカおよびアジアでの活動をバックアップすること、2011年春にはシングルとアルバムをリリースし全米ツアーを開催することを明らかにした→ ranking
その後登場した赤西は「緊張する!」と苦笑いしつつ、報道陣に向けて「ワーナーミュージック・グループと契約させていただくことを報告します」と報告。
契約のきっかけについては「自分でやりたいことをやっていたらこうなっていました」と語り、
「物事がすごく早く動きすぎて……今もまだ実感していないです(笑)」と、急ピッチで進んだ全米デビューに対する喜びと戸惑いを見せた。
全米ツアーの手応えについては「自分でもびっくりするぐらい、すごく良かったし楽しかったです」とコメント。
また、国内のファンからの応援を「力になりましたね。ファンのみなさんに対しては感謝の一言です」と語った。
また全米デビューを前に、2011年1月には日本で赤西の凱旋公演「Yellow Gold Tour 3011」が行われることも明らかになった→ ranking
1月14日から16日にさいたまスーパーアリーナ公演、1月21日から23日に大阪城ホール公演が開催される。
この公演では6公演あわせて10万5000人を動員予定。
赤西はこのツアーについて「いつもどおり楽しめればいいなと思っています」と語っており、全米ツアーの成果が存分に反映されたステージとなりそうだ。
(引用 ナタリー)

ネットでは、「悪い予感しかしない」
「やりたいようにやらせとけwww泣いて帰ってくるからさwww」
「相手にされないと思うけど頑張ってね」
と、冷ややかな反応。
宇多田でさえ、全米進出で苦労している。
チケットを無料配布するほどだった彼が、果たしてどんな結果になるか…。

ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁、英語が下手で不合格!ハリウッドデビューは夢の泡に!?

今年7月に「KAT-TUN」脱退を表明し、今月、シカゴ、サンフランシスコなど
5都市で全米ツーを行っている、ジャニーズ事務所の人気歌手・赤西仁(26)→芸能画像
米国でのシングル発売も視野に入れているという→ ranking

赤西仁、ロス公演【画像】→ geinou ranking
赤西仁、ロス公演【画像】→ geinou reading
赤西仁、ロス公演【画像】→ geinou ranking

(以下引用)
「もともと海外志向が強く、女性も金髪やらハーフが大好物。自分でも『協調性に欠けている』と
いうほど、メンバーの中でも浮いていました→ ranking」(スポーツ紙記者)
そんな赤西は、これまでも留学も含めて米国に滞在してきたが、
その目的が実はオーディション→ ranking
ハリウッド映画出演を目指し、一度は実現しかけたというのだ。
「実はジョニー・デップ主演の人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン4』の
出演が内定していたのです。
ところがあまりに英語がヘタだということで、結局ダメになったとか→ ranking」(女性誌記者)
(引用 週刊実話)

ハリウッドデビューかと水面下で話題になっていたのに、
まさか英語がヘタでダメになっていたとは…。
歌で挽回するしかなさそうだが、そちらもチケットがただ配られたりと
厳しい状況。
威勢よくグループを脱退したが今後はどうするのだろうか…。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

赤西仁、集客見込めず事務所が配慮!全米ツアーは大丈夫!?

10月3日、東京「Zepp Tokyo」で行われた赤西仁(26)の全米ツアーファンクラブ壮行会→芸能画像
7月に「KAT-TUN」脱退を発表してから初めての公の場に現れた赤西。
11月7日から全米5都市でのライブツアーが控えているが、当初は7都市と言っていたのだが、
2都市減っている。
その背景とは…→ ranking
赤西仁 画像 

赤西仁、ロス公演【画像】→ geinou ranking
赤西仁、ロス公演【画像】→ geinou reading
赤西仁、ロス公演【画像】→ geinou ranking

(以下引用)
「やはり、集客が見込めず採算が合わないからです→ ranking
事務所は気を遣って、赤西には『会場が押さえられなかったため』と説明したそうですが、本人も薄々感づいていて、『チケットが売れなかったらどうしよう』と弱気を覗かせることもあるそうです。というのも、日本からファンクラブツアーを組めばかなりの集客が見込めるのですが、赤西はそれを拒否→ ranking
彼は『KAT-TUN』時代の自分ではなく、今の自分への評価を求めている。自分の真価を試したいと思っているんです」
とすれば、その心意気や良し、だが…。来年初めにリリースするCDは、アメリカでも同時発売されるという。
「赤西は当初、ライブと同時に米で先行発売することを希望していたんです。しかし、その時期に『KAT-TUN』も新曲の発売を予定しているため、事務所が配慮し、赤西のほうを年明けにずらして、日米同時に発売することになったそうです→ ranking」(レコード会社関係者)
相変わらずわが道を歩んでいるようにも見える赤西だが、最近の彼について前出の芸能プロ関係者は次のように語る。
「赤西はずいぶん変わりましたよ。前はファンはメディアへの対応もそっけなかったですが、それは愛想が悪いわけではなく、アイドルらしく振舞うことが嫌いで突っ張っていただけなんです。今回のライブではファンや報道陣にも笑顔を見せ、伸び伸びしていたように思います→ ranking
(引用 フライデー)

日本からのツアーを拒否して挑むようだが…。
集客が見込めない場合、負担がかかるのは事務所なのだが…。
それでも日本から、一部の熱狂的なファンが駆けつけるだろう。
客入り状況が気になるところだが、ファンもいつまでも来てくれるわけではない。
果たして今後どんな道をたどるのか…。
ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

KAT-TUNファンと赤西ファンの抗争が激化!

赤西仁脱退後、KAT-TUNファン同士の間で抗争が激化している→芸能画像
全国各地にある私設のファンクラブやファングループは分裂が進み、
赤西を熱狂的に指示するファンと、亀梨和也を筆頭とする残留メンバーのファンとの間で、
内部抗争が起きているのだ→ ranking
赤西仁 画像 

赤西仁、ロス公演【画像】→ geinou ranking
赤西仁、ロス公演【画像】→ geinou reading
赤西仁、ロス公演【画像】→ geinou ranking

中にはすでに分裂したファングループもあるらしい。
また、ネットやリアルな生活において、狂信的な赤西ファンが他のメンバーを揶揄する事態や、
残留メンバーのファンによる赤西批判が巻き起こっており、収拾がつかない事態に陥っている。
8月末に開催されたKAT-TUNのコンサート中に、上田竜也が左足親指付け根を
二箇所骨折するという事故が起きている→ ranking
コンサート中に上田は、ステージ上段から3m下に飛び降りており、骨折しても当然といえば当然だが、
この怪我に関して、赤西ファンの間では「赤西の呪い」ではないだろうかと噂が流れているのだ。
その原因は、上田竜也が作詞作曲した「RABBIT OR WOLF?」にある→ ranking
この歌の歌詞の内容は、オオカミがウサギのふりをして仲間になり、ウサギを食い殺す、
だがウサギがオオカミに報復するという過激なものであり、ファンの間では
このオオカミが赤西ではないかと推測されているようだ。
単なる偶然ではあるが、ファン同士の熾烈な競争はもっとポジティブな形でやってもらいたいものである。
(引用 リアルライブ)

本人たちは円満解決のようだが、熱狂的なファンはそう納得も
いっていいないようだ。
ファン潰しあいしているようでは、今後のKAT-TUNも赤西も行く先が暗い気が・・・。 ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

最近の記事
最近のコメント
フリーエリア