FC2ブログ
ジャニーズやアイドル、芸能人のプリクラや卒業アルバム、ネットで話題の芸能ネタ・画像を更新します!

見た瞬間、チャンネルを変えたくなる「マイナス視聴率美女」ワースト10とは!?

それが評価の全てではないとわかっていながら、テレビ業界が一喜一憂し、視聴者が指標の一つにしている「視聴率」。そして、その視聴率を大きく左右するのが登場する有名美女たちだ。今回、全国20~49歳の男性600人を対象に「アイツが出ていたらチャンネルを変える」という“マイナス視聴率有名人”を調査した。ranking

あらかじめ選出した100人の中から5人を選択する形式で、貫禄とも呼べる165票を獲得、ぶっちぎり1位となったのが沢尻エリカだった。出演していた「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)の最終回では、視聴率15%を記録しただけに意外な結果だが、芸能事情に詳しいテレビ誌ライターはこう分析する。

ヘルタースケルター スペシャル・プライス [DVD]



最近の沢尻は、男性からの支持を捨てたように見えます。昨年主演したドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ)は、今どきこんな編集部はないと思えるほどバブル臭のする出版社が舞台でした。」ranking

これだけ男性からのアンチを抱えながらヒロインでいられるのは、同数以上の女性ファンがいるからなのだろう。

2位のAKB48(144票)をはじめ、3位HKT48(127票)、5位SKE48(109票)、8位NMB48(97票)と、48グループが上位を占めた。大人数であるがゆえの「顔と名前が一致しない」「みんな同じにしか見えない」という意見、出演するテレビ番組が多いゆえの「見飽きた」という意見が多かったranking ranking

6位に入ったのは壇蜜(108票)だ。「色気を売りにしすぎている」という意見がある一方で、「脱がなくなった」という切実な声も。

私の奴隷になりなさい 壇蜜写真集 濃蜜



7位にはモデルで女優の水原希子(101票)がランクイン。水原といえば昨年末、「インスタグラム」で際どい股間写真を投稿。批判の声が集まるも「これはアート」と言ってのけ、騒動となった。さらに4月期のドラマ「心がポキッとね」(フジテレビ系)ではヒロインを務めるも、視聴率が打ち切り危険水域にまで落ち込むなど、イメージダウン続きだ。

9位の芹那(92票)には「声が受け付けない」「テレビの世界に残りたいという必死感が痛々しい」、10位遠野なぎこ(88票)には「ビッチを売りにするのは最低」と、いずれもバラエティ番組で見せる素顔に見苦しさを感じているようだ。

「昨今のバラエティ番組で見る女性タレントはリアクションが大きく、バカな姿や性格の悪さをさらすなど、マイナス要素を見せる扱い。視聴者もバカではないので、それがテレビ用のキャラクターなのはわかっていますが、あれだけ執拗にアピールされると嫌な印象にもなりますよ」(前出・尾谷氏)

好かれぬなら、いっそ嫌われるが芸の道。よくも悪くも、名前があがるうちが華なのだ。

(引用元 アサ芸プラス)
ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア