FC2ブログ
ジャニーズやアイドル、芸能人のプリクラや卒業アルバム、ネットで話題の芸能ネタ・画像を更新します!

小保方晴子さん、手記で「死にたい」「上司のわな」…。真実はいかに!?画像。

あの日



STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)の手記が今日28日、講談社から発売される。同氏がまとまった主張をするのは、14年4月の会見以来初めて。タイトルは「あの日」で、前書きでSTAP細胞問題について「世間を大きくお騒がせしたことをおわびします」と謝罪した。自身の視点から騒動の過程を詳細に説明。重すぎる責任から自殺を考えたという。ranking

手記は白い表紙のハードカバーで、全253ページ。小保方氏が、幼少時から現在に至るまでを15章の構成でつづっている。前書きで「あの日に戻れるよ、と神様に言われたら、いつからやり直せば騒動を起こさなかったのか」と自問。書名の由来を漂わせた。ranking

14年3月に激しい批判報道を受け、ストレスで食べることも眠ることもできなくなったと吐露。「無意識のうちに『死にたい』と何度もつぶやくようになった。母が神戸まで迎えに来てくれ、病院に行った。睡眠薬と抗うつ剤を処方された」と振り返った。

共著者の若山照彦・山梨大教授について「STAP細胞の作製の成功・存在の証明は、若山先生がいなければなしえないもの」と強調。論文撤回に至った過程で「若山先生が作った細胞を若山先生ご自身が『おかしい』と言っている異常事態」と指摘した。

小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)



STAP細胞がES細胞ではないかと疑義が起きたことには「私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれていると感じた。私の上司たちによって仕掛けられたわなだ」と、理研への不信感も示した。ranking

論文執筆の指導を受けた理研の笹井芳樹氏が自殺した後、後追いを懸念されたのか、「誰かに体を押さえつけられた」と記述。連日メールや手紙が届いたという。

一連の問題で取材攻勢にも苦しんだと記述している。「(ある女性記者のメールに)殺意すら感じた。不確定な情報をあえて盛り込み、『返事をしなければ、このまま報じますよ』と追い詰められた。その手段は暴力的」と厳しく批判する部分もあった。

小保方晴子。画像。STAP細胞。
STAP細胞問題で沈んだ顔のイメージが強い小保方晴子。しかし、彼女もこんな笑顔をすることもあるんです。笑顔画像はこちら。 → → → ranking ranking reading

(引用元 日刊スポーツ) ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア