FC2ブログ
ジャニーズやアイドル、芸能人のプリクラや卒業アルバム、ネットで話題の芸能ネタ・画像を更新します!

ドラマ「重版出来」で話題 若い編集者も読めない業界用語とは!?

重版出来! コミック 1-6巻セット (ビッグ コミックス)



4月から始まったドラマ「重版出来!」(TBS系)。これ、なんと読むか分かるだろうか。でき……? 答えは、「じゅうはんしゅったい」である。 ranking

同ドラマは「月刊!スピリッツ」(小学館)で2011年から連載中の人気漫画を原作としたもの。週刊コミック誌に配属された新米編集者の日常と奮闘を描いた作品である。

ところで、「出来」を「しゅったい」と読む「重版出来」とは一体どういう意味なのか。大手出版社の書籍編集者に聞いてみると、「本の売れ行きが好調で在庫が少なくなってくると、もう一度印刷・製本をします。それが『重版』です。『出来』は物事が出来上がる、という意味の日本語ですね。つまり、重版が出来上がりましたよ、という意味の言葉で、本の広告や、重版が決まった本の帯などに目立つように入れたりします」とのこと。

ただし、この編集者によれば、「普段、重版が決まったことを言うときには『重版かかった』『増刷決定』などという言い回しを使っています。しゅったい、とは言いませんね。広告や帯に文言を入れるよう指示するときにも、『重版でき、と入れてください』のように『でき』と読むのが慣例になっています」とか。業界では当たり前に飛び交う用語かと思いきや、口語では、ほとんど使うことがないのだという。 ranking ranking

数社の出版社で仕事をしている40代のフリーライターも、「僕も周囲の編集者も『でき』と言いますね。業界には20年以上いるけれど、若い編集者の中には『しゅったい』という本来の読みを知らなかったという人も多いですよ」と言う。 ranking

「芸能記事を扱う週刊誌や月刊誌では、テレビや芸能界の業界用語が飛び交っていることもよくあります。0時をまわると『てっぺんまわる』と言ったり」(雑誌編集者)

みなさんの業界では、どんな専門用語が飛び交っているだろうか。

(引用元 日刊ゲンダイ)
ranking >>画像
最新芸能画像
芸能人画像

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア